転倒して起き上がれず入所を決意


私の祖母は、一人暮らしをしていました。
高齢なので、ちょっともしもの時のことを心配して介護付きの施設に入所することを勧めてきたのですが、どうしても一人で生活できる時は一人でしたいということで親族が見守る形になりました。

しかし、あるとき転倒したことをきっかけに起き上がることができずに困り、施設への入所を希望するようになったのです。
私たち親族としても、そのほうがいいと思っていたし、本人がその気持ちになることを望んでいたので、早速入所先を見つけることに。
そして、介護付き有料老人ホームに入所することになりました。
そこは、3食食事付きで血圧が少し高い祖母のために、看護師さんが血圧測定を毎日実施してくれるようになっています。
また、トイレではコールがついているので、起き上りが難しい時などに介護士さんを呼ぶことができるのです。
入浴の際も、危険なことがあるので見守りという形をとってくれていました。そのため、とても安心して暮らすことができています。