介護付有料老人ホームにおける特徴


介護付有料老人ホームは、名前の通り介護保険を使うことができるタイプの施設ということになります。
そして、介護をしてもらうことができます。
そして、一般的に65歳以上の高齢者が入居条件です。
つまりは、それ以下であれば基本的には入ることができない、という可能性が高いわけです。
また、介護付有料老人ホームは大きく三つに分けることができます。
それが自立型と介護専用型と混合型になります。
これらによって入居の条件もかなり違ってくることになります。
自立型は入居時点において要介護認定に該当しない、ということが条件であったりします。
しかし、介護付であるからこそ、ということがあるのもまた事実であり、そこに大きな特徴があるということでもあります。
認知症の人も受け入れ可能な施設となっていることが多くなっています。
認知症自体は、他の病気の併発でもない限りはそれなりに対応がしやすいからこそ、介護付有料老人ホームでも受け入れる事が増えているのです。